公演記録

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

劇団静芸のあゆみ<1948(昭和23年)-現在>

貴方は何作品御覧になったでしょ1948.06人形の家うか?

名作作品はもちろん、劇団による創作劇、民話劇、こども劇の上演から、さまざまな文化活動まで幅広い演劇活動を続けてきました。
1948年(昭和23年)の創立以来65年以上。

第一回公演「人形の家」は、1948年6月に静岡市公会堂で上演されました。次の作品には、アナタも参加しませんか?

 

劇団静芸の公演略年表

年.月 「上演作品」(作者/敬称略) 備考 公演
通算数
和暦
1948.03 「時の氏神」(菊池寛)/「嘉門と七郎衛門」(山本有三) 〈創立記念研究発表会〉 000 昭23
1948.06.24-25 「人形の家」(ヘンリック・イブセン) 〈第一回公演〉 001 昭23
1949.04 「愛と死との穢れ」(ロマン・ロラン)   002 昭24
1949.12 「結婚申込」(アントン・チェーホフ)/「ルリュ爺さんの遺言」(マルタン・デュガール)   003 昭24
1950.05 「旅人」(寺島アキ子)/「おふくろ」(田中千禾子)   004 昭25
1950.08 「めんどり」(金子洋文)   005 昭25
1950.11 「寒鴨」(真船豊)/「ルリュ爺さんの遺言」(マルタン・デュガール)   006 昭25
1951.05 「コックの王様」(村山亜土)   007 昭26
1951.08 「彦市ばなし」(木下順二)/「おやじ」(和田勝一)   008 昭26
1951.11 「ぶたの歌」(鈴木政男)/「乞食の歌」(津上忠)   009 昭26
1952 <静岡市民演劇祭発足> --- 昭27
1952.05 「女の一生」(水木洋子)   010 昭27
1952.08 「小作人の娘」(藤森成吉)・ 「千代の手紙」(黒沢参吉)   011 昭27
1952.11 「ロシヤ問題」(シーモノフ)   012 昭27
1953  <静岡市演劇研究議会発足> --- 昭28
1953.07 「また逢う日まで」(水木洋子)   013 昭28
1953.11 「村役場」(ひらのひでひこ)   014 昭28
1954.05 「樫の木」(広渡昭寿)   015 昭29
1954.11 「下駄の町」(青島滋)   016 昭29
1955.05 「無事故表彰」(青島滋)   017 昭30
1955.12 「煤煙の下から」(黒沢参吉)   018 昭30
1956.05 「瓜子姫とアマンジャク」(木下順二)   019 昭31
1956.11 「消えたバークシャ」(伊藤貞助)   020 昭31
1957.05 「村役場」(ひらのひでひこ)   021 昭32
1957.11 「基地のある村」(旗ひさし)/「結婚申込」(チェーホフ)   022 昭32
1958.06 「風変わりなロマンス」(テネシー・ウィリアムズ)   023 昭33
1958.11 「市川馬五郎一座顛末記」(真山美保) 【静岡市演劇研究議会合同公演】 --- 昭33
1959.05 「おやじ」(青島滋)   024 昭34
1959.12 「瓜子姫とアマンジャク」(木下順二)   025 昭34
1960.06.26 「今日と明日の谷間」(山崎欣太)  【やまなみ合同公演】 026 昭35
1960.11 「カンカラ広場にあつまれ」(山崎欣太)   027 昭35
1961.07 「カンカラ広場にあつまれ」(山崎欣太)   028 昭36
1961.11 「仲間の歌」(山崎欣太)   029 昭36
1962.07 「仲間の歌」(山崎欣太)   030 昭37
1962.11 「寒鴨」(真船豊)/「どぶ川」(小島真木)   031 昭37
1963  <劇団静芸稽古場建設> --- 昭38
1963  <東日本リアリズム演劇会議(東リ演)発足> --- 昭38
1963.04 「二つの顔」(山崎欣太)   032 昭38
1963.10 「陸橋」(小島真木)   033 昭38
1964.08 「陸橋」(小島真木)   034 昭39
1964.11 「歌え!わかもの」(黒沢参吉)   035 昭39
1965.03 「石臼」(山田和夫)   036 昭40
1965.11 「ひとりっ子」(こばやしひろし)   037 昭40
1966.03 「ひとりっ子」(こばやしひろし)/「三家福」(丘揚)   038 昭41
1966.06 「カンカラ広場にあつまれ」(山崎欣太)   039 昭41
1967.03 「つぶてとかがり火」(山崎欣太)   040 昭42
1967.09 「ひとりっ子」(こばやしひろし)   041 昭42
1967.11 「カルラールのおかみさんの銃」(ブレヒト)   042 昭42
1968.03 「ピカの蔭から」(京浜労働者作家集団)   043 昭43
1968.11 「身検」(和田澄子)   044 昭43
1969.03 「ピカの蔭から」(京浜労働者作家集団)   045 昭44
1969.06 「メコソデルタ」(浅見祐治)   046 昭44
1969.11 「さちの苦汁」(伊藤与四郎作 小島真木・小原輝夫脚色)   046 昭44
1970.07  オムニバスドラマ「祖国をみつめて」 <東日本リアリズム演劇会議七〇演劇活動> --- 昭45
1970.02 「さちの苦汁」(伊藤与四郎作 小島真木・小原輝夫脚色)   047 昭45
1970.03 「片隅から」(小島真木)/「小さな駅の物語」(島源三)   048 昭45
1970.07 「オキナワ」(こばやしひろし) --- 昭45
1971.01 「漁港」(原源一)   049 昭46
1971.04 「赤いスカーフ」(小島真木)   050 昭46
1971.07 「人を喰らった話」(宮本研)/「三年寝太郎」(木下順二)   051 昭46
1971.11 「若者たち」(山内久・堀内始・相沢嘉久治)   052 昭46
1972  <静岡市文化団体連合会発足> --- 昭47
1972.06 「書けない黒板」(こばやしひろし)   053 昭47
1972.11 「とろいめらい」(黒沢参吉)   054 昭47
1973.01 「アンネの日記」(ハケット)   055 昭48
1973.11 「綿ぼこの中の小さな草たち」(小島真木)   056 昭48
1974.03 「綿ぼこの中の小さな草たち」(小島真木)   057 昭49
1974.06 「イルクーツク物語」(アルブーゾフ)   058 昭49
1975.05 「銀河鉄道の恋人たち」   059 昭50
1975.11 「河」(土屋清)   060 昭50
1976.03 「にんじん」(ジュール・ルミナール)   --- 昭51
1976.05 「橋からの眺め」(アーサー・ミラー)   061 昭51
1976.12 「旅立ち」(小島真木)   062 昭51
1977.05 「旅立ち」(小島真木)   063 昭52
1977.11 「人間蒸発」(芳地隆介)   064 昭52
1978.05 「アディオス号の歌」(秋元松代)   065 昭53
1978.11 「ゆきと鬼んべ」(さねとうあきら)   066 昭53
1979.03 「アディオス号の歌」(秋元松代)   067 昭54
1979.07 「ゆきと鬼んべ」(さねとうあきら)   068 昭54
1980.05 「荒地の旅」(森与志男・原作/小島真木・脚色)   069 昭55
1980.07 「ジャックと豆の木」(こばやしひろし)   070 昭55
1980.11 「ウメコがふたり」(さねとうあきら)   071 昭56
1981.05 「でんでん虫の競馬」(さねとうあきら)   072 昭57
1981.11 「白墨の輪」(ブレヒト)   073 昭57
1982.05 「龍の子太郎」(新屋英子)   074 昭58
1982.11 「星へ行った少年」(さねとうあきら)   075 昭58
1983.05 「泰山木の木の下で」(小山祐士)   076 昭58
1983.11 「ねんねの森の子守うた」(小島真木)   077 昭58
1984.03 「ねんねの森の子守うた」(小島真木)   078 昭59
1985.05 「きぬという道連れ」(秋元松代)   079 昭60
1985.11 「海道さんちの音楽スタジオ」(小椋ひさし)   080 昭60
1986.05 「ウメコがふたり」(さねとうあきら)   081 昭61
1986.08 「薄墨色の桜たち」(小島真木)   --- 昭61
1986.10 「駒ヶ原きつね夢芝居」(小島真木)   082 昭61
1987.05 「大どろぼうホッツェンプロッツ」(プロイスラー)   083 昭62
1987.11 「きらめく星座」(井上ひさし) 【静岡市演協合同公演】 --- 昭62
1988.05 「大どろぼうホッツェンプロッツふたたびあらわる」(プロイスラー)   084 昭63
1989.06 「トイレはこちら」(別役実)/「精霊流し」(岡部耕大)   085 平元
1989.12 「駒ヶ原きつね夢芝居」(小島真木)   086 平元
1990.06 「アトリエ」(ジャン・クロード・グランベール)   087 平02
1990.10 「ベッカンコ鬼」(ふじたあさや)   088 平02
1991.03 「花いちもんめ」(宮本研)   089 平03
1991.06 「泣き虫なまいき石川啄木」(井上ひさし)   090 平03
1991.10 「猫の事務所」(如月小春)/「なめとこ山の熊」(さねとうあきら)   091 平03
1992.05 海を渡る娘」(小島真木)   092 平04
1992.11 「大どろぼうホッツェンプロッツ」(プロイスラー)   093 平04
1993.06 「闇に咲く花」(井上ひさし)   094 平05
1993.11 「手のひらの上の仔猫」(小島真木)   095 平05
1994.10-11 「ちびっこ魔女のぼうけん」(プロイスラー原作・小原輝夫脚色)   096 平06
1994.06 「きらめく星座」(井上ひさし)   097 平06
1995.05-06 「アンネの日記」(アンネフランク原作・ハケット夫妻劇化)   098 平07
1995.09 「瞽女峠」(小島真木)   --- 平07
1995.11 「花咲くチェリー」(ロバートボルト)   099 平07
1996.06 「手のひらの上の仔猫」(小島真木)   100 平08
1996.11 「思い出のブライトン・ビーチ」(ニール・サイモン)   101 平08
1997.06 「トム・ソーヤのぼうけん」(マークトウェン作 小原輝夫脚色)   102 平09
1997.11 「ブロードウェイ・バウンド」(ニール・サイモン)   103 平09
1998.06 海を渡る娘」(小島真木)   104 平10
1998.11 「巴川界隈」(小島真木)   105 平10
1999.03 「瞽女峠」(小島真木) 【演劇カタログ’99参加】 --- 平11
1999.06 「ブラボー!ファーブル先生」(平石耕一)   106 平11
1999.10 「田追いの狐・瞽女峠」(小島真木)   107 平11
2000  <劇団静芸Studio建設事業> --- 平12
2000.03 「じべたっこさまやーい」
(さねとうあきら)
【ファミリーステージ公演】 108 平12
2001.06 「紙屋悦子の青春」(松田正隆)   109 平12
2001.11 「巴川界隈」 (小島真木) 【静岡県清水市(現:静岡市清水区)公演】 110 平12
2002.06 「兄帰る」(永井愛)   111 平13
2002.11 「泣き虫なまいき石川啄木」(井上ひさし)   112 平13
2003.06 「こんにちは、母さん」(永井愛)   113 平14
2003.11 「風に吹かれて・蓑虫」(小島真木)   114 平14
2004.02 「ゆきむかし・雪女房」(さねとうあきら) 【静岡市ファミリー小劇場】 115 平15
2004.06 「貧乏物語」(井上ひさし)   116 平15
2004.08 「薄墨色の桜たち」(小島真木) 【静岡・平和のための文化の集い】 --- 平15
2005.06 「狐っ子と波小僧」(小島真木) ※静岡市おやこ劇場でも上演
(藁科・興津公民館)
117 平16
2005.11 「見よ、飛行機の高く飛べるを」(永井愛)   118 平16
2006.06 「マンザナ、わが町」(井上ひさし)   119 平17
2006.11 「シャンハイムーン」(井上ひさし)   120 平17
2007.11 「兄おとうと」(井上ひさし)   121 平18
2008.06 「月夜の道化師」(渡辺えり)   122 平19
2009.02-03 「ねんねの森」(小島真木) 【静岡市ファミリー小劇場】 123 平20
2009.10 「通りゃんせ-昭和の残照-」(小島真木)   124 平21
2010.11 「頭痛肩こり樋口一葉」(井上ひさし)   125 平22
2011.11  <有志の会・山崎欣太氏を偲ぶつどい> --- 平23
2012.08  <全リ演東会議 浜名湖ゼミナール> --- 平24
2012.11 命を弄ぶ男ふたり/是名優哉」(岸田國士)   126 平24
2013.02  <演劇カタログ2013> --- 平25
2013.11 カモメに飛ぶことを教えた猫
(原作:セプルベダ・ルイス/脚本:いずみ凜)
【劇団創立65周年記念公演】 127 平25
2014.11 円生と志ん生」(井上ひさし)   128 平26
2015.02.14-15 瞽女峠」(小島真木) 【演劇カタログ2015参加公演】 --- 平27
2015.11.08 夜空の下に降る花は-シズオカ-
(原作:いずみ凜/脚色:中川正臣)
  129 平27
2016.05.21 そして誰もいなくなった・・・。
(原作:アガサ・クリスティ/脚色:中村和光)
【静岡市演劇協会合同公演】 --- 平28
2016.11.19-21 ザ・シェルター」(北村 想) 【アトリエ公演】 130 平28
2017.05.14 海と日傘」(松田正隆)  131 平29
2017.11.03-05 父と暮せば」(井上ひさし) 【アトリエ公演】  132 平29