劇団静芸とは

Pocket
[`evernote` not found]
LINEで送る

劇団静芸は、昭和23年(1948)創立。

静岡に生まれ育てられてきた静岡市地域劇団です。

【劇団静芸とは】

劇団静芸は昭和23年(1948)に地域に根ざす演劇活動を目指して創立。静岡に生まれ育てられた劇団であり静岡市内では最古参の劇団となりますが、創設から未だに休むことなく活動を続けてきました。

劇団静芸Studio

劇団静芸Studio

劇団静芸は静岡市地域劇団であり、さまざまな年齢(10代~80代)・さまざまな職業をもつ人達で構成され、創作劇上演を柱に働く庶民の立場で創作活動を積み重ねてきたことを自負しております。

その成果として、静岡の庶民生活を描いた作品が専門劇団や県内外の地域劇団によって取り上げられ、上演されてきました。

また、東日本リアリズム演劇会議の創設に参画したほか、微力ながら静岡市演劇協会、静岡県演劇協会を支える活動にも取組み、静岡地域の演劇振興に努力してまいりました。

【活動内容】

静岡市を中心に演劇の創造活動を行っています。

静岡市民文化会館中ホールでの本公演や、児童向けの子ども劇場、各種公演イベント協力から映像作品エキストラ出演など、幅広い分野で演劇を軸とした活動に取り組んでいます。

 

  • 劇団静芸は、学生・会社員・主婦・シニア世代の人々など、静岡に住み社会生活を営む人々です。
  • イベントプロデュース公演団体とは違い、劇団なので公演が終わったとしても解散はしません。団体と個人の能力を、時間をかけて幾重にも積み重ね育てます。
  • 公的機関や企業から、劇団運営について助成は受けていません。自立した団体として、その創造活動は『何者にも縛られることがなく自由で継続的』なものです。

「だから伝えられること、できることがある。」

みんなが集う創造拠点として劇団静芸Studio「2keikoba_a階・稽古場」や静岡市生涯学習センター「アイセル21」集会室などで稽古(練習)活動を行っています。

市民劇団ではありますが、劇団専用Studio(1F大道具&小道具製作アトリエ、2F 稽古場)を自前で持ち、継続的な運営と芝居作りを行っております。

 

 

 

 

 【劇団静芸の理念】

劇団静芸は、人間を描き出す仕事「演劇」に誇りを持ちたいのです。
刹那的な衝撃や消費的傾向に流されることなく歩んでいく。

B0004433

  • 演劇創造への集中と情熱
  • 全員が俳優・スタッフ
  • 観客第一
  • 継続はチカラ
  • アンサンブル=劇団組織による創造活動は呼吸のあった団結
  • 良い作品は俳優、スタッフ、観客で創る

 

 

【三つの柱】

1 創作劇

自ら芝居を創造(県内外の他劇団での上演に値する作品創造)

 2 良作劇

素晴らしい戯曲を自ら上演(井上ひさし、永井愛など一流の劇作家作品)

 3 子供劇

次世代を担う子供達に民話劇や児童作品などを届ける(身近な演劇を創造)

 

【沿革】

1948年

(昭23)

山崎欣太氏らを中心に静岡芸術劇場と言う名称で発足
第1回公演「人形の家」(ヘンリック・イブセン)公演
1952年

(昭27)

静岡市民演劇祭発足

※のちに続く静岡市民文化団体祭典の礎となる

1953年

(昭28)

静岡市演劇研究議会発足

※現「静岡市演劇協会」

1962年

(昭37)

座付き作家小島真木「どぶ川」公演

※以降作品を発表をつづける

1963年

(昭38)

劇団専用稽古場を建設
東日本リアリズム演劇会議発足に参画
1972年

(昭47)

静岡市文化団体連合会発足に参画
1991年

(平3)

初の井上ひさし作品「泣き虫なまいき石川啄木」公演

※以後9作品

2000年

(平12)

劇団専用稽古場を2階建てStudioへ建て直し

【組織・役員】

役職 名前 備考
劇団代表 中川正臣 演出・俳優、静岡県演劇協会理事・静岡市演劇協会事務局長
運営委員 生井節子 俳優・演出
運営委員 長谷川哲夫 俳優・小道具
事務局員 後藤順子 俳優・衣装
事務局員 小泉ひろ美 俳優・小道具